口臭原因

口臭の原因は、歯につまった食べ残しや舌についた汚れ、また歯周病などの口内の病気、さらに内臓疾患など様々な理由が考えられます。

一番多い原因は、口の中にもとから住んでいる細菌が作り出すガス、そして唾液の量と性質によるものです。

口の中の唾液分泌が少ない、乾きやすい、こういった状態の場合、細菌が活発に動きやすくなり、揮発性硫黄化合物のガスを発生させます。

これが、口臭となって臭うのです。

揮発性硫黄化合物は、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドといったガスがあり、これらの口臭の元は、舌から発生しているものが多いのです。

舌の苔をしっかり除去すること、また歯磨きや歯間ブラシを使って食べ残しを除去すること、虫歯や歯周病などの口内の病気がある場合は、しっかり歯科医師に見せて治すことなどが必要になってきます。

また、苔を落とすためのグッズなどもありますから、積極的に利用しましょう。

口内の汚れを除去しても、また虫歯などもなく歯周病なども見当たらないのに、一向に口臭が消えないという場合、内臓に病気を持っていることも考えられます。

胃や食道から上がってくる臭いが口臭となってしまうこともあります。

生活習慣が乱れ、食事の内容が悪かったり、遅い時間に脂質の多いものを摂取するというのも、口臭の大きな原因となります。

夜遅くに食事をとる場合には、胃に負担がないもの、脂質の少ないものにすると、口臭予防にもつながりますし、内臓に負担をかけないことにもなります。