ニキビ跡にはハイドロキノン

ハイドロキノンは、最強の漂白効果を持つ美白成分として美容業界ではシミ除去などの治療薬として用いられているようです。

ハイドロキノンはメラニンなどの色素を分解してシミを消すことができるだけでなく、ニキビ跡の色素沈着などヘモグロビン系の色素に対しても効果があるので、ニキビ跡治療にももちいられる事が多いようです。

「肌の漂白剤」とも呼ばれているハイドロキノンは、肌の内側で色素を漂白してくれます。

そのため、すでに目に見えるようなニキビ跡の色素沈着やシミなどに対しては、ビタミンCよりも高い効果があるといわれています。

ハイドロキノンは美容液のように肌の外側から塗布しても良いのですが、肌の内側になかなか浸透しにくいという性質を持っているため、ハイドロキノンを利用する際には浸透しやすいように毛穴を開けてからハイドロキノンを入れてあげる感覚で使うと良いようです。

また、美容皮膚科や美容外科でのケミカルピーリングやレーザー治療などでは、治療の後に漂白成分のハイドロキノンを肌に浸透させることで効果を更にアップさせる方法などもとられています。

ただ、ハイドロキノンはステロイド的な強い作用があるので、長期間にわたって使い続けてはいけない成分でもあります。

使用する際には肌の安全を確保するために使用説明書を熟読してから利用するぐらいの注意も必要ですね。

また、ハイドロキノンは敏感肌の方の中には肌に合わずにアレルギー反応を起こしてしまう事もあるようです。

どんなに優れた成分でも肌に合わなければ意味がありませんから、ハイドロキノンを使った後に肌がかゆくなったりブツブツができたりしたらすぐに使用を辞めるようにしてくださいね。